FC2ブログ
北海道・札幌のスポーツニュースをつづっていきます!
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/16
日本ハム18点大勝! 1、2の猛打ショ~
<日本ハム18-3楽天>◇15日◇札幌ドーム

 1、2番が機能すれば、ハムは強い! 日本ハムが今季最多の18得点を挙げ、楽天に大勝。今季初のカード勝ち越しで、最下位から抜け出した。1番森本と2番田中賢が、4安打のそろい踏み。2人で7得点を記録し、05年8月の19得点以来となる、大量点へと導いた。

 日本一の勝ちパターンが戻ってきた。ひちょりが出て、賢介がつなぎ、主軸がかえす。理想的な流れで得点を重ねた。1~3打席に球団タイ記録となる3連続二塁打を放った森本は「うちはクリーンアップがしっかりしてるから。僕らがチャンスをつくればこういう展開になる」と言った。今季初の猛打賞となった田中賢は「1、2番がつながれば得点になる」と続けた。

 開幕から18試合、2人がそろって2安打以上したのは開幕ロッテ戦だけ。打率1割台に低迷する、田中賢の不振が響いていた。森本が出てもつなげない。「眠れないことはなかったけど…」と漏らすように悩みの中の戦いが続いていた。

 当たりそこねで追い風を感じ取った。14日には外角のボール球に飛びつきながら当てた打球が、前進守備の頭を越え、エンドラン成功となった。この日は3打席目にボテボテの当たりが「ラッキーな」三塁内野安打。「これで乗っていけると思います」。そう話す顔には自信が戻っていた。

 ヒルマン監督は「1、2番が仕事をすれば得点力はアップする」と手応えを話した。日本一の得点王と犠打王が大暴れし、球団記録まであと2本に迫る23安打を放っての連勝。これで勢いづかないわけがない

(日刊スポーツ北海道引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 北海道・札幌のスポーツニュース.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。