FC2ブログ
北海道・札幌のスポーツニュースをつづっていきます!
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/26
“春”へ決戦、平常心 樽商大も繰り下げ 道内9大学が前期試験
二○○八年度国公立大入試の二次試験前期日程が二十五日、全国約百五十大学で一斉に始まった。道内では二十四日までの暴風雪により北大が試験を二十六日に延期、実施した九大学のうち札幌医大医学部医学科が四時間、小樽商大、室蘭工大が一時間、帯広畜産大は三十分、開始時間を繰り下げた。交通機関の乱れで試験開始に間に合わない受験生が出たため追試を実施する大学も相次いだ。

 二十五日に道内で試験を実施した大学はこのほか道教大、旭川医大、公立はこだて未来大、札幌市立大、名寄市立大。北大を含む前期の総募集人員三千九百十四人に対し、一万千六百八十七人が出願した。前期日程の平均志願倍率は全国が前年度と同じ三・三倍、道内も同三・○倍。

 予定通り試験を開始した大学のうち、道教大が道外の受験生を対象に運休証明書などがあれば二十六日の同時間帯に追試を行う予定で、正午現在札幌校と岩見沢校の十四人が申し込んだ。帯畜大や旭川医大、札幌市立大、名寄市立大などでも追試を予定している。

 小樽商大は試験を予定通り行う方針だったが、二十五日朝、JRに遅れが出たため、急きょ開始時間を遅らせた。室蘭工大は、同大と札幌会場で受験予定だった本州の受験生四人を名古屋と仙台会場に振り替えた。
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 北海道・札幌のスポーツニュース.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。