FC2ブログ
北海道・札幌のスポーツニュースをつづっていきます!
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/16
日本ハム王手!極貧打線が炎の6連打!
<日本ハム7-0ロッテ>◇15日◇札幌ドーム

 日本ハムの“極貧打線”が爆発した。パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2ステージ第3戦でロッテに7-0で大勝、2勝1敗で日本シリーズ進出に王手をかけた。1点リードの7回2死走者なしから、9番稲田直人内野手(27)の二塁打を皮切りに6番工藤隆人外野手(26)の3点三塁打まで、死球を挟み6連打で6得点。好機を逃さぬ集中打で試合を決めた。レギュラーシーズン本塁打数は12球団最少、CSでも1発は出ていないが、つなぐ野球を13安打で実践した。

 日本ハムの「極貧打線」がコツコツ繰り出したボディーブローが効いた。1-0の7回2死から突然の大変身だ。稲田の二塁打を合図に、工藤の3点三塁打まで1死球を挟み、一気の6連打で畳みかけた。一挙6点。14日のポストシーズン最多タイ5本塁打を見せつけられたロッテ打線に、本塁打なしの集中打で対抗。長打3本と単打3本で、2年連続日本シリーズ進出へ王手をかけた。「相変わらずボールはフェンスの向こうにいかないが…」。ヒルマン監督も皮肉交じりに振り返る快勝だった。

 今季両リーグ最少73本塁打の打線が「看板」通り、全員攻撃で崩した。対戦防御率1・13と苦手の渡辺俊を、下位打線からチャンスを広げて攻略した。「うちはみんなイケイケになる。長打が少ないからね」。猛打賞の稲葉もびっくりのヒットパレードだった。CS第2ステージ3試合で、いまだ本塁打はゼロ。5-2と快勝した初戦も13安打のうち単打が10本。突破口を見つけたら、総掛かりで、広げる。貧打、貧打と言われても、ツボを心得た今季を象徴する猛攻だった。

 試合前に響かせる“快音”が、チームメートの心をつないでいる。札幌ドームの選手ロッカー室に常備されている卓球台。4月にヒルマン監督がポケットマネーで、プレゼントしたものだ。今では選手間で大ブーム。「持ち主」のヒルマン監督が遠慮するほど、順番待ちの選手で大盛況だ。グラウンドでは早出特打する選手に、ロッカー室ではラケットで“早出特打”する選手たち。「今日もいつも通りに朝、卓球をして、試合前にも卓球をやった」と森本。いつもピンポン球でつないでいるラリーのようにつながった打線は、大きな白星を導いた。

 この日のスタメン9人。驚異の連打の大トリを務めた工藤は年俸770万円、口火を切った稲田は1200万円の格安選手。4回に渋く内野ゴロで先制点を呼び込んだ坪井は昨オフに1度は自由契約になりながら再契約。大幅7000万円減の2000万円での再スタートながら、1年を通して1軍で活躍した。野球ファンでさえ、名前と顔がすべては一致しないであろう選手が並ぶ、名実ともに「極貧打線」だ。「少ない得点での戦いの中でも、シーズンを通してアプローチは変わっていない」。ヒルマン監督は自信を持って、2年連続の日本一への挑戦権を16日、つかみにいく。
(日刊スポーツ 北海道版 引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 北海道・札幌のスポーツニュース.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。