FC2ブログ
北海道・札幌のスポーツニュースをつづっていきます!
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/15
日本ハム・ヒルマン監督が完敗に“怒り”
日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(44)の“怒り”が、完敗を物語っていた。第1戦から7打数無安打のセギノールの起用法について、報道陣に聞かれたときだった。「あきらめません。任せるところは任せる。4番はこれはというのがあれば、逆に教えて欲しい」と強い口調で言った。主砲だけでなく、わずか4安打では勝機は見いだせなかった。

 4回、ロッテ先発小林宏が、高橋に四球を与えたあと、右ふくらはぎのけいれんで降板した。そこまで1点に抑えられていた右腕のアクシデントで、流れが向いてくるかと思われたが、2番手以降の投手もとらえられなかった。

 らしい戦い方ができない展開になった。1回、田中賢の二盗から稲葉の中前打で先制と、足を絡めた日本ハムの形になった。しかし2回以降はわずか2安打。6回には2死球と打撃妨害で1死満塁とするも無得点に終わった。淡口打撃コーチが「2回り目の攻めは真っすぐが多くなった。あれがシーズンと違っていた」と話したよう、これまでと異なる攻めに対応できなかった。

 ただ完敗といえる結果にも落胆はない。稲葉は「3連勝したいけどそんなに甘くない。こんな日もあるでしょ」とさばさばした表情をみせた。これで1勝1敗。五分になっただけだ。
(北海道新聞 引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 北海道・札幌のスポーツニュース.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。