FC2ブログ
北海道・札幌のスポーツニュースをつづっていきます!
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/10
日本ハム投打で空回り…辞任ショック!?
<日本ハム4-8西武>◇9日◇札幌ドーム

 “サヨナラV”への再出発は飾れなかった。トレイ・ヒルマン監督(44)が8日に今季限りの辞任を電撃発表した日本ハムは、西武に4-8で敗れ、本拠地でまさかの連敗を喫した。投手陣が本塁打3発を浴び、打線も相手を上回る12安打を放ったが空回り。2位ソフトバンクが敗れ、辛うじて首位のまま、10日からのロッテ4連戦(千葉)、15日からのソフトバンク3連戦(福岡)と、天王山ウイークに突入する。

 辞任の電撃発表からの一夜明けは完敗だった。ヒルマン監督は「選手の活気は変わらなかったが(敗因の)取られ方はさまざまでしょうから、こちらからは何も言えない」。ヒルマン余波を気にする報道陣をけん制し、本拠地での連敗に表情は曇ったままだった。

 投打に空回りした。先発八木が4回までに2被弾で主導権を奪われた。「監督のことというか、失投を打たれた」。2番手押本も追加点を許し、1度もリードを奪えなかった。佐藤投手コーチも「簡単に打たれすぎ」と手厳しかった。

 打線も相手を上回る12安打だったが、拙攻が多く4点止まり。セギノールを今季初めて4番から外して6番に下げ、5年目小谷野をプロ入り初の4番に据えたが、実らなかった。リーダー格の稲葉は「監督どうこうはないよ。ただ流れに乗れていないだけ」と話した。

 実際、「動揺がないことはない」と漏らす選手もいた。それでも、ヒルマン監督辞任でチーム分裂という見方をされないためにも、勝利で飾りたいというのが本音だった。3回に本塁打の田中賢は「監督のあれ(発表)もあったし、全員で力を出そうという姿勢は出ていた」と言った。

 ソフトバンクが敗れ、8月7日以来の首位陥落を逃れた。「1位をキープしたまま遠征できるのはよかった」とヒルマン監督。10日から、ヤマ場となるロッテ、ソフトバンクとの敵地での7試合が待っている。5カード連続勝ち越しなしと失速気味だが、ヒルマンショックと言われないためにも勝つしかない。
(北海道新聞 引用)
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 北海道・札幌のスポーツニュース.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。