FC2ブログ
北海道・札幌のスポーツニュースをつづっていきます!
07 * 2007/08 * 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/31
連覇へ危機感 6連戦で2勝4敗
日本ハムの連覇への道は、やはり平たんではない。8月下旬の6連戦で2勝4敗と負け越し。一時は5ゲームあった2位との差も3ゲームに縮まり、チームには今までにない危機感が生まれてきた。29日の楽天戦で連敗を脱出したとはいえ、一難去ってまた一難。9月1日から3位ソフトバンクとの2連戦(1日・旭川スタルヒン、2日・札幌ドーム)が待ち構える。「勝負の9月」がいよいよ始まる。

 27日の楽天戦で大敗するとチーム全員がロッカールームに集められた。ビジターでは珍しい緊急ミーティング。ヒルマン監督が10分間、とうとうと語り選手に活を入れた。その中で付け加えたことが一つ。「このミーティングの内容をプレスに伝えないように」。“かん口令”を敷いたのはチーム内で危機感の共有を促したともとれる。

 翌日も連敗は止められなかったが、29日にトンネルを脱した。4日ぶりの勝利に試合後は歓喜のハイタッチが広がったが、その直後のベンチで雰囲気は一変。平野外野守備コーチと外野手4選手が鬼気迫る表情で話していた。

 平野コーチは1点もやれない試合終盤に守備位置が必要以上に深く「消極的になっていた」と感じた。すると中堅手・森本が「どうすればいいのか」と平野コーチにぶつけ、すぐさまミーティング。口論にも聞こえるほど双方が声を荒らげ話し合った。「守りがどれだけ重要か分かってきた。うれしいね」と平野コーチ。連敗脱出にも危機感が薄れることはないと感じさせる光景だった。

 上位3チームの争いは9月に入れば一層、混迷を極めるはず。日本ハムとロッテの直接対決は残り6試合、ソフトバンクとは7試合。両チームに負け越している日本ハムは首位にいても決して優位とは言えない。

 追われる立場の重圧もあるが主将の金子誠は「ここまで来たら内容なんて関係ない。勝つことがすべて」。昨季の王者は挑戦者の姿勢を忘れていない。
(北海道新聞 引用)
08/30
楽4-5日(29日) ハム粘り、連敗脱出 しぶとい打線復活
日本ハムは打線が奮起して競り合いを制し、連敗を3で止めた。ダルビッシュは完投で自己最多の13勝目を挙げた。

 打線は同点に追いつかれた直後の九回、工藤、稲葉の連打で無死一、三塁とし、代打・坪井が右前に適時打を放って勝ち越した。

 ダルビッシュは、序盤に3点を奪われるなど被安打9と苦しんだが、要所を締めて7連勝。

 楽天は3連勝ならず。

 楽天-日本ハム19回戦(日本ハム11勝8敗、18時、フルスタ宮城、17273人)
日ハム
000013001-5
楽天
102000010-4
▽勝 ダルビッシュ22試合13勝4敗
▽敗 有銘44試合1勝7敗



(北海道新聞 引用)
08/29
石屋製菓・石水前社長が練習場を電撃訪問
札幌・宮の沢で行われたコンサドーレ札幌の練習に28日、石屋製菓の前社長・石水勲氏(63)が突然姿を見せた。三浦俊也監督(44)と約5分間会談した同氏は、近日中にも競技場でサポーターへ謝罪する意向を明らかにした。

 熱い気持ちでチームを支えるサポーターに、自らの口で謝罪を述べたかった。石水氏は「落ち着いたらサポーターに謝りにいきたい。頭を下げにいきたいです」と、10月初旬とみられる営業再開をメドに、試合が行われる競技場に出向いて謝罪する考えだ。今回の賞味期限改ざん問題後も、胸ロゴの撤廃運動などは起こらず、ファンはおおむね石屋製菓に温かかった。石水氏は報道でサポーターの声を聞き「涙が出そうになった」と目頭を熱くした。結果的にファンを裏切ったことへのけじめを、直接つけたいと考えていた。

 現在、本社業務は島田新社長への引き継ぎ期間。その中で同氏は、来季以降のスポンサー契約延長を再度お願いしているという。「(クラブと会社の)過去の流れを説明した。コンサドーレあっての石屋製菓です」。クラブ創設時からともに歩んできたつながりは深い。「コンサドーレに向けていい水が流れると思う」と、契約延長を信じている。

 また、もう1つのけじめとして、北海道フットボールクラブの取締役についても、児玉社長に口頭で正式に辞意を伝えたことも明かした。不祥事の余波はまだ続いている。

(日刊スポーツ 北海道版 引用)
08/29
石屋製菓・石水前社長が練習場を電撃訪問
札幌・宮の沢で行われたコンサドーレ札幌の練習に28日、石屋製菓の前社長・石水勲氏(63)が突然姿を見せた。三浦俊也監督(44)と約5分間会談した同氏は、近日中にも競技場でサポーターへ謝罪する意向を明らかにした。

 熱い気持ちでチームを支えるサポーターに、自らの口で謝罪を述べたかった。石水氏は「落ち着いたらサポーターに謝りにいきたい。頭を下げにいきたいです」と、10月初旬とみられる営業再開をメドに、試合が行われる競技場に出向いて謝罪する考えだ。今回の賞味期限改ざん問題後も、胸ロゴの撤廃運動などは起こらず、ファンはおおむね石屋製菓に温かかった。石水氏は報道でサポーターの声を聞き「涙が出そうになった」と目頭を熱くした。結果的にファンを裏切ったことへのけじめを、直接つけたいと考えていた。

 現在、本社業務は島田新社長への引き継ぎ期間。その中で同氏は、来季以降のスポンサー契約延長を再度お願いしているという。「(クラブと会社の)過去の流れを説明した。コンサドーレあっての石屋製菓です」。クラブ創設時からともに歩んできたつながりは深い。「コンサドーレに向けていい水が流れると思う」と、契約延長を信じている。

 また、もう1つのけじめとして、北海道フットボールクラブの取締役についても、児玉社長に口頭で正式に辞意を伝えたことも明かした。不祥事の余波はまだ続いている。

(日刊スポーツ 北海道版 引用)
08/27
西3-2日(26日) 痛恨の2発、西武に競り負け
日本ハムは先発の八木が七回に痛恨の一発を浴び、2番手の江尻も八回に勝ち越し本塁打を許して、投手戦に競り負けた。

 6月30日以来の登板となった八木は六回までは2安打無失点の好投を見せたが七回にカブレラの逆転2ランを浴びた。江尻は同点に追いついた直後の八回に代打の栗山に勝ち越しソロを右中間に浴びた。西武の涌井は両リーグトップの16勝目。

 ◇グッドウィルドーム《19》 20,047人 9勝9敗1分
日本ハム
100000010-2
西武
00000021X-3
勝 涌井22試合16勝6敗
S グラマン30試合4勝6敗13S
敗 江尻36試合6勝4敗1S
本 稲葉16号《1》=涌井 カブレラ21号《2》=八木 栗山4号《1》=江尻

(北海道新聞 引用)
08/26
日12-3西(25日) ハムそつなく12点
日本ハムはそつのない攻めを見せ、15安打12得点で大勝した。三回からは6イニング連続得点で西武を圧倒した。

 四回に稲葉が2試合連続となる15号ソロを放つなど、前半は小刻みに加点。六回は金子誠の2点適時打などで4点、七回も工藤の走者一掃の三塁打などで4点を加えた。先発の吉川は8回を3失点に抑えて4勝目。

 西武はつぎ込んだ5投手が次々に打ち込まれ、連勝はならなかった。

◇グッドウィルドーム《18》 20,708人
日本ハム9勝8敗1分

日本ハム
001114410-12
西武
100101000- 3

勝 吉川15試合4勝2敗
敗 山岸6試合1勝1敗
本 稲葉15号《1》=山岸 G・G・佐藤21号《1》=吉川

(北海道新聞 引用)
08/25
日本ハムが2ケタ得点で快勝
<西武3-12日本ハム>◇25日◇グットウィル

 西武が初回無死一、三塁から中島の犠飛で先制。日本ハムは3回2死三塁から森本の中前適時打で同点に追い付いた。

 日本ハムは同点で迎えた5回に金子誠の適時打で勝ち越し。6回には3安打3四死球を集中し一挙4点で突き放した。

  日本ハムは今季5度目の2ケタ得点で、先発のルーキー吉川が4勝目。
(日刊スポーツ 北海道版 引用)
08/24
ロゴ「白い恋人」継続 HFC取締役会で確認
サッカーJ2のコンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブ(HFC)は23日、定例の取締役会を開き、一連の食品不祥事が発覚したメーンスポンサーの石屋製菓への対応を協議、ユニホームの胸部に入れている同社の主力商品「白い恋人」のロゴを今後も継続する方針を確認した。

 児玉芳明社長は「サポーターや株主から『ロゴを外すべきだ』という声は伝わっていない。先方の要請がない限り外すことはない」と述べた。

 石屋製菓の前社長で、HFC取締役の石水勲氏は取締役会を欠席。石水氏は17日に辞意を明らかにしていたが、児玉社長は「現時点では(正式に)辞任届は受け取っていない」と語り、去就について決議は行わなかったことを明らかにした。

 一方、石屋製菓の島田俊平・新社長(23日付で就任)は、石水氏が今後、HFCの取締役を続けるかどうかについては「わからない」と答えた。仮に石水氏が取締役を辞任した場合、石屋製菓から新たに取締役を派遣するかどうかについても「(今後)考えなければいけない」とするにとどまった。

 また、取締役会では2007年6月中間決算を報告。営業収益は5億5千万円で、当初予算より約2000万円下回った。原因として、観客動員数が見込みより約6600人少なく、興行収入が伸び悩んだ点を挙げている。

(北海道新聞 引用)
08/22
M26、再点灯 クライマックスシリーズ進出
パ・リーグは21日、首位日本ハムが1-0でオリックスを下し、4位西武がソフトバンクに0-6で敗れたため、日本ハムにクライマックスシリーズ進出マジックナンバー「26」が再び点灯した。

(北海道新聞 引用)
08/21
駒苫・香田監督が退任 野球部顧問に 後任は茂木コーチ
【苫小牧】駒大苫小牧高は二十日、夏の甲子園で連覇を果たすなど同校野球部を全国の強豪に育てた香田誉士史監督(36)の退任を正式に発表した。香田監督は苫小牧市の同校で記者会見し、「全国、北海道のみなさまに支えていただき北海道で十二年間、野球の指導をすることができて本当に感謝しています」と述べた。退任後は同部の顧問となる。後任監督には茂木雄介コーチ(26)が就任する。

 退任の理由について同席した小玉章紀校長(58)は、「大きな重圧を受けながら神経をすり減らし、身体的にも精神的にも疲れきっていた。まず心身の疲れを取り除くことを優先すべきだと判断した」と説明した。香田監督は体調面の不安について一年ほど前から学校側に相談しており、今年の全国選手権大会の1回戦で広陵(広島)に惜敗した後、最終的に退任の決意を固めた。

 香田監督は顧問となることについて「三年生の進路指導もある」と説明、グラウンドでの指導については「新監督がやりやすい形でいくことが一番望ましいと思っている」と明言しなかった。

 香田監督は佐賀市出身で駒大卒。一九九五年に駒苫監督に就任、二○○四年の全国選手権大会で春夏を通じて北海道勢として初の全国制覇を果たし、翌年には五十七年ぶり六校目の夏連覇の快挙を成し遂げた。昨夏は早実(東京)との決勝引き分け再試合の末、準優勝した。

(北海道新聞 引用)
08/19
日5-7ロ(18日) 投壊で逆転負け 9連勝ならず
日本ハムは八回に投手陣が突然崩れ、3投手で合わせて5失点。連勝が8で止まった。

 3点リードの八回、先発の吉川が2連続四球でピンチを招き、代わった武田久が2安打を浴びて1点差に詰め寄られた。3番手のマイケル中村が同点、逆転となる連打を許し、打線が中盤の集中打で奪ったリードを守れなかった。ロッテは2番手の川崎がプロ2年目で初勝利を挙げ、小林雅が19セーブ目。

◇札幌ドーム《17》 40,183人
ロッテ8勝7敗2分
ロッテ
020000050-7
日本ハム
000410000-5
勝 川崎32試合1勝
S 小林雅37試合2勝4敗19S
敗 武田久49試合4勝5敗2S
本 稲葉13号《1》=小林宏

(北海道新聞 引用)
08/19
コンサドーレ札幌強し!
今年のコンサドーレ札幌は本当に強いですね!

今年コンサドーレ札幌はJ1に復帰できると思います!
08/17
ソ1-8日(16日) ダルビッシュが好投 7連勝で2位とゲーム差5
日本ハムは先発ダルビッシュが好投、打線もつながりソフトバンクを圧倒した。このカード3連勝で通算7連勝とし、2位とのゲーム差を今季最大の5とした。

 一回、セギノールの中前打で先制、五回には稲葉の12号3ランを含む8連続安打などで大量7点を奪い突き放した。

 ダルビッシュは8回を内野安打1、無四球、無失点のほぼ完ぺきな内容で11勝目。

◇ヤフードーム《17》 35,705人
ソフトバンク10勝7敗
日本ハム
100070000-8
ソフトバンク
000000001-1
勝 ダルビッシュ20試合11勝4敗
敗 杉内22試合13勝4敗
本 稲葉12号《3》=杉内

(北海道新聞 引用)
08/13
日3-2西(12日) 逆転で4連勝 ゲーム差広げ「2」
日本ハムは連日の逆転勝ちで4連勝。2位ソフトバンクとのゲーム差を2に広げた。

 2点を追う八回、高橋、小谷野の連打と死球などで一死満塁とし、金子誠の中前打で2者がかえって同点。

 さらに一、二塁から重盗を仕掛け、西武の捕手細川の悪送球を誘って勝ち越した。

 2番手の江尻が6勝目。涌井は七回まで被安打2で無失点だったが、八回に乱れた。

 西武は3連敗で借金1。

◇函館《16》 18,548人
日本ハム8勝7敗1分

西武
002000000-2
日本ハム
00000003X-3
勝 江尻31試合6勝3敗1S
S マイケル中村40試合1勝25S
敗 涌井20試合14勝6敗

(北海道新聞 引用)
08/08
武田久、球に切れなし
終盤勝負になった八回、2番手の武田久が楽天のクリーンアップに打ち込まれ、よもやの3失点。先発グリンが粘りの投球を見せてつないだが、頼みの救援陣が持ちこたえられなかった。

 武田久は、明らかにいつもの球の切れを欠いていた。一死後、この日本塁打を放っている鉄平への直球が外角に甘く入り、中前にはじき返された。続く山崎武には変化球の制球が定まらない。スライダーが抜け、シュートが決まらずストレートの四球。一死一、二塁と簡単に得点圏に走者を出してしまったのが痛かった。

 ここまで2安打のリックへの初球は、外角へ中途半端な高さに入ったスライダー。現在パ・リーグの首位打者には甘過ぎた。右中間を深々と破る2点適時打を見届けた武田久は、無念の表情で降板した。試合後は「(山崎武への)四球が痛かった」と悔しさをにじませた。

 後を継いだ歌藤もぴりっとしなかった。二死とした後、フェルナンデス、草野と下位打線に連続四球を与えて満塁に。ここで嶋にはすきをつくセーフティー・スクイズを決められ、あっさりと追加点を奪われて万事休した。

 先発グリンは7回2失点と好投したが、味方が逆転した直後の六回に同点打を許し、流れを引き寄せ切れなかった。ヒルマン監督は「だれが努力不足だということもない」と話し、打線、先発、リリーフ陣がかみ合わないままの4連敗に言葉少なだった。
08/06
ロ5-4日(5日) ロッテに3連敗 首位転落
日本ハムは逆転負けで3連敗を喫し、7月5日以来1カ月ぶりに2位に陥落。3位ロッテとのゲーム差も1となった。

 四回に先発の吉川が四球からピンチを招いて3連打を浴びて逆転を許した。2番手の橋本も六回に四球がらみで2失点。七回にセギノールの18号2ランなどで追い上げたが及ばなかった。

 ロッテは先発全員となる10安打で4連勝。小野が3勝目、小林雅が17セーブ目を挙げた。

◇千葉《15》 28,223人
ロッテ7勝6敗2分
日本ハム
000100300-4
ロッテ
00030200X-5
勝 小野14試合3勝7敗
S 小林雅34試合2勝3敗17S
敗 吉川12試合3勝2敗
本 セギノール18号《2》=神田

(北海道新聞 引用)
Copyright © 2005 北海道・札幌のスポーツニュース.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。